つくる会 シンポジウムご案内|歴史認識と日本外交

Header_8Du898981E83V8393837C83W83E8380.jpg

HOME > 講演・シンポジウムご案内 > 日米開戦日国民集会 歴史認識と日本外交 ―外交を改めずして歴史認識は改まらない―

nichibeikaisen.png

歴史認識と外交は表裏の関係にある。

中韓によってねつ造された「南京事件」も「従軍慰安婦」も外務省が正しく史実を世界に発信していれば起きなかった。

また外務省主導で作成された、世界に類を見ない「近隣諸国条項」が歴史・公民教科書を大きく歪めた。

日本の外交姿勢を改めなければ、歴史認識は改まらない。


<開催要項>*随時更新いたします。

★国会議員の先生もご登壇されます!(敬称略)

  • 山田宏 (日本維新の会 衆議院議員)
  • 渡辺周 (民主党 衆議院議員)

more Coming Soon...

■発言者(敬称略)

  • 田母神俊雄 (第29代航空幕僚長)「日米開戦日に改めて問う、日米戦争の意味!」
  • 加瀬英明 (外交評論家)「歴史認識と日本外交」
  • 杉原誠四郎 (「つくる会」会長) 「外務省が隠している戦争責任」
  • 茂木弘道 (史実を世界に発信する会) 「日本政府が発信すべき真実の歴史」
  • 藤岡信勝 (拓殖大学客員教授・「つくる会」理事) 「外務省が歪める歴史教科書」

■日時 平成25年12月8日(日)14時30分開演(14時開場)

■場所 日本交通協会 大会議室

*会場地図(赤いマークのところです)

■入場料
一般2000円(当日支払いのみ)
会員1600円(要事前振込・振込用紙は『史』11月号に同封します)

※一般の方につきましては事前予約・振込は必要ありません。当日直接会場にお越しください。

■主催 新しい歴史教科書をつくる会・史実を世界に発信する会(共催)

■お問い合わせ メールフォームLinkIconまたはお電話(03-6912-0047)、FAX(03-6912-0048)で新しい歴史教科書をつくる会事務局までお問い合わせ下さい。

Last updated 2017-08-18